2016年上旬の「ザ・シークレット・ホース」予想の
的中結果のご報告です!




2016年1月31日 シルクロードS

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
1着 ダンスディレクター(2番人気)推奨
単勝 440円
馬連 2440円




レース結果は、

【 結果 】

1着 ダンスディレクター(2番人気)


となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】






2016年1月24日 AJCC

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
1着 ディサイファ(2番人気)推奨
単勝 500円
馬連 1800円




レース結果は、

【 結果 】

1着 ディサイファ(2番人気)

となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】









2016年1月24日 東海S

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
1着 アスカノロマン(4番人気)推奨
2着 モンドクラッセ(2番人気)推奨
3着 ロワジャルダン(1番人気)推奨

単勝 670円
馬連 1290円
3連単 8200円




レース結果は、

【 結果 】
1着 アスカノロマン(4番人気)
2着 モンドクラッセ(2番人気)
3着 ロワジャルダン(1番人気)


となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】










2016年1月17日 京成杯

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
2着 ケルフロイデ(7番人気)推奨
複勝 350円
馬連 7460円
ワイド 2080円
3連複 11280円




レース結果は、

【 結果 】

2着 ケルフロイデ(7番人気)


となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】



















2016年1月16日 愛知杯

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
2着 リーサルウェポン(5番人気)推奨
複勝 440円




レース結果は、

【 結果 】

2着 リーサルウェポン(5番人気)


となり、見事に的中しました!





2016年1月11日 フェアリーS

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
3着 ダイワダッチェス(7番人気)推奨
複勝 340円




レース結果は、

【 結果 】

3着 ダイワダッチェス(7番人気)


となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】







2016年1月10日 シンザン記念

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
1着 ロジクライ(8番人気)推奨
単勝 2250円
馬連 5360円




レース結果は、

【 結果 】

1着 ロジクライ(8番人気)


となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】










2016年1月5日 京都金杯

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
1着 ウインプリメーラ(2番人気)推奨
単勝 610円




レース結果は、

【 結果 】

1着 ウインプリメーラ(2番人気)


となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】










2016年1月5日 中山金杯

シベリアンの「ザ・シークレットホース」予想
 1着 ヤマカツエース(3番人気)推奨
2着 マイネルフロスト(5番人気)推奨
単勝 490円
馬連 1670円




レース結果は、

【 結果 】

1着 ヤマカツエース(3番人気)

2着 マイネルフロスト(5番人気)


となり、見事に的中しました!

【 会員さんからの的中馬券 】











●人気サイドからの推奨馬●
 クラレント 〈実は今回がベスト条件戦〉

●穴馬サイドからの推奨馬●
 サンカルロ 〈近3走もぜんぜん悪くない内容〉
 ガルボ 〈阪神1400mは走る馬〉



シベリアン様

お世話になっております。

今日の阪神C、穴馬同士でずばり的中でしたね!
本当にありがとうございます。

馬連とワイドを取ったので、大きなクリスマスプレゼントになりました。

これで金杯まで、お正月をいい気持で過ごせます。

親戚の子たちにも、お年玉を弾んでしまいそうです(笑)

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

取り急ぎ、お礼まで。

シベリアン様もよいお年をお迎えください。





●人気サイドからの推奨馬●
 ダノンシャーク 〈好枠もアシスト〉

●穴馬サイドからの推奨馬●
 ダローネガ 〈前走がいかにもクサい〉
 トライアンフマーチ 〈内で壁を作って〉




シベリアンさん

京都金杯、パッチリ三連単仕留めましたョ!

シベリアンさんの予想に、ヤマニンウイスカーの逃げ残りを考えて、
フォーメーションを組みました。

最後、トライアンフマーチがヤマニンを交わすところは、中山競馬場の
オーロラビジョンに向かって、ノドが枯れるほど絶叫してしまいました^^;;

六万馬券という素晴らしい馬券がゲットできて、本当にいい年明けでした。

今年もすばらしい予想をお願いしますね!

写真は、競馬場で撮った馬券です。

またご連絡させていただきま〜す。





●人気サイドからの推奨馬●
 ウインプリメーラ 〈上位人気3頭で票が割れるなら〉

●穴馬サイドからの推奨馬●
 クラウンロゼ 〈何とも不気味〉
 タプローム 〈前へ前へ〉




シベリアン様
お世話になります。
クラウンロゼの単勝ばっちり頂きました!

でも、、、こんな馬狙えるのかなと半信半疑で100円馬券しか買わなかったことを後悔しています。。。。

とりあえず、画像をお送りしますね。





●推奨したい「人気サイドの馬」●
 グレナディーン 〈番手先行から内目を通って〉
 メイショウツガル 〈条件好転の一戦〉

●推奨したい「穴馬」●
 ラディアーレ 〈芝1200m得意の姉たちに続け〉




的中ありがとう!

今日は調子が良かったですね!
早速的中出来ました! まずはお礼までに使用してください!(^^)





●人気サイドからの推奨馬●
 ガンジス 〈55キロなら信頼〉
 トウショウカズン 〈叩かれて上昇モード〉

●穴馬サイドからの推奨馬●
 メイショウマシュウ 〈左回りで大爆発?〉




シベリアンさんの読み通り、唯一の5歳馬が最後に凄い脚で追い込んできましたね!

最後、差し切ってくれて嬉しいです。

これからも鋭い予想をお願いしますね。





●推奨したい「人気サイドの馬」●
 タマモマーブル 〈安定勢力〉
 ゴールデンナンバー 〈52キロは恵まれた〉

●推奨したい「穴馬」●
 ケルンフォーティー 〈逃げ切るか〉




お世話になります。

根岸Sで単・馬単・馬連が当たって
既にプラス確定だったので鼻歌混じりで余裕かましてたら
全部終わって残高見てぶっとびました(笑)

中京最終、総取りです。ありがとうございました!

前回の反省から3連も押さえておいてよかったです。

(実はスピードブレイン【※】の解析結果からケルンフォーティーが
気になったので単複をさらに買い足してます)

やはり今年はこの買い方で通してみようと思います。

【※】シベリアン予想会員のみに紹介している、オリジナルデータ解析ソフト





●人気サイドからの推奨馬●
 ウインプリメーラ 〈要見直し〉
 トーセンソレイユ 〈叩かれて上昇モード〉

●穴馬サイドからの推奨馬●
 グッドレインボー 〈道悪OK〉




今日は、京都10レース(エルフィンS)でパーフェクトな的中を貰い感激しました。

この調子なら今までの負けや、変な情報サイトに騙されての負けを取り戻せそうです!

先が楽しみです。良かったです!





●人気サイドからの推奨馬●
 クラレント 〈近況は着順以上の充実度〉
 ダイワマッジョーレ 〈東京マイルで大前進?〉

●穴馬サイドからの推奨馬●
 ガルボ (冬はガルボ)




今日もバッチリ取らせていただきました!

3着にレッドスパーダが残ってくれれば、もっとついたんですけど、

三連単が的中してくれたんで、大満足です。

来週もよろしくお願いします!!



PART3 穴馬結論編  -------------------------------------


引き続き「阪神カップ」の穴馬探しをしてみます。

改めましてPART2まででご紹介した
「当レースで買いたい馬の条件」を再掲してみましょう。

 ◆1. それまでの実績が「芝1400m>芝1600m」
    または、ダート戦で実績のある馬

 ◆2. 差し追込馬

 ◆3. パワー&スタミナタイプの血筋
    ・父系か母系が鈍重なロベルト系
    ・ダンスインザダークなど「スタミナ系」サンデーの仔
    ・一定ペースに強いミスプロの血を持つ馬
    ・シンボリクリスエス、マヤノトップガン、
     クロフネなど芝ダート兼用で、かつ
     ややダート寄りの血統を備えている馬


今年の出走馬はフルゲート満杯の18頭ですが、
その中で上記3条件にパーフェクトで該当する馬は
オセアニアボス、リアルインパクト、サンカルロ。
この3頭をそのまま「推奨馬」として注目したいと思います。

 (なお、補欠から出走に漕ぎつけたフラガラッハも、
  芝1400m>芝1600mでないもののダートで実績有、差し馬、
  母父トニービンはスタミナ型ということで、
  「準・パーフェクト該当馬」。さすがにこのメンバーでは
  少し苦しいと思いますが、気になる方はマークして下さい)


3頭とも下記のように、全条件を満たしています。

オセアニアボス  ◆1. 芝1400m 4.2.3.5  芝1600m 2.5.0.6
           ◆2. 追込み馬
           ◆3. 父ロベルト系

リアルインパクト ◆1. 芝1400m 1.1.0.0  芝1600m 1.1.1.2
           ◆2. 差し馬
           ◆3. 母系はダート色が濃い。しかも1400m◎の血筋

サンカルロ    ◆1. 芝1400m 2.1.1.4  芝1600m 2.0.2.7
           ◆2. 追込み馬
           ◆3. ダートでも走りそうな配合型
            ロベルト系シンボリクリスエス×
            ミスプロ系クラフティプロスペクタ−


オセアニアボスは「パワー型」ロベルト系レッドランサムの産駒。
やはり、キレ勝負というより地力・パワー勝負型の産駒が
多数輩出されており、ロックドゥカンブ・レッドシューター・
アポインテッドデイなどがオープンへ出世していますが、
これらの馬に共通しているのは
「パワーを活かせるコース=中山や阪神の芝」で強いことです。

 ロックドゥカンブ  中山+阪神 2.0.0.2 着外に有馬記念4着含む
 レッドシューター  中山+阪神 1.2.0.1 着外に中山記念5着含む
 アポインテッドデイ 朝日杯FSで10番人気3着

そしてオセアニアボスは、パワーの権化ロベルトの祖である
Hail to Reasonの3×4クロスが入っていることも効いているのか、
競馬場別の「戦績」は、さらにハッキリしています。

 阪神+中山芝 4.4.3.2 着外には京成杯オータムH 4着を含む
 京都芝    0.2.2.5
 東京+新潟芝 2.1.0.5

パワー馬場大好き、急坂大好きの傾向がハッキリとしている
オセアニアボスですが、今回は待望の「阪神で芝1400m」です。
昨年の当レースでは17着に大敗しているのですが、
これは仕上がり面に問題があったため。まだ休明け2戦目で
仕上がりが進んでいなかった中でのレースでしたので参考外です。
今回は、休明けの5月から使われ続けて「9戦目」ですが、
レース数を使い込まれるほどに調子が上がってくる
頑強なロベルト系らしく、ここへ来て走りがすっかり安定。
大崩れするシーンがちょっと想像しづらい感じです。

12月+1月の厳寒期も[1.1.2.3]と走りますし、
とにもかくにも芝1400mのスペシャリスト。
近走でも、スワンSで重賞常連たちを相手に回して
後方から内を突いて鋭く差し込み、パラダイスSでも
強いトライアンフマーチらを相手に0秒1差ですから、
オープンのトップクラスとの力量差が全く無い事も
十分証明できています。「イメージより実力を備える」馬が
ベスト条件に出てきたのですから、ココは狙い目。
僚馬の陰に隠れて人気も控えめになる今回は
しっかり目を配っておきたいと思います。

リアルインパクトにも注目。「ディープインパクトの産駒」は
本来、芝1400mはあまり得意ではありませんが、この馬は
母父がMeadowlake(メドウレイク)なのが大きなポイント。
このMeadowlakeが「ダート寄りの血筋なのです。

Meadowlake自身はアメリカのダートで3戦全勝、
種牡馬としてもBCジュヴェナイルF(ダート1700m)勝ちなど
ダートで20戦11勝のMeadow Starを輩出したほか、
日本でも京王杯2歳Sを勝ったシベリアンメドウが活躍しましたが、
京王杯2歳Sと言えば芝1400m…これもまた「ダート寄りの
パワー系の血筋は、芝ならば1400mで強い」ことを証明する
事象の一つといってもいいでしょう。

リアルインパクトの兄アイルラヴァゲインも
芝短距離が主戦場ながらダート戦でも[1.2.0.3]と走った
「ダート対応タイプ」。これも母系の影響量力が大きかったからと
想像します。リアルインパクト自身が、ディープ産駒ながら
1400mで[1.1.0.0]と好走できているのは、この馬の母系から
もたらされる「ダート対応可の馬力」が効いていると思うのです。

この馬の「能力面」については、わざわざ当欄が解説する必要は
特に無いでしょう。普通の「とても強い馬」です。その上で当欄が
強調したいのはとにかく母系の血筋。強い馬にこの「血統適性」の
後押しがありますし、前走が9分くらいの仕上りと見ていた
仕上り面も中間の調教過程などを見るとさらに「上積み」されて
ほぼ仕上がった印象。賞金的にも、この後に使うレースは
特に無いハズで、ここがおそらく一旦は目イチの一戦です。
「とても強い馬」に別ファクターも揃った今回は
ディープ産駒である事に目をつぶる必要アリと判断、信頼します。

気まぐれサンカルロは本当に困った馬です。
いつ走ってくれるのか、サッパリ分かりません。
陣営は1400mが得意と言っていますが、好走と凡走の繰り返し。
しかも毎度毎度、進路が詰まっているような気がします。
いい加減にしてくれ、とお嘆きの貴兄も多い事でしょう。
私もそのうちの一人です。好走時のレースぶりをみていると、
GI級の高い能力を備えているのは間違いないと思うのですが。

問題はいつ、その「高い能力」を出してくれるのか、のみ。
そこで、1つ興味深いデータをご紹介しておきましょう。
このサンカルロは「前走で芝1400m or 芝1600mに出走→
今回は芝1400m出走」のローテーションをとった際に、
その芝1400m戦で、下記のように[2.1.1.0]と
パーフェクトな成績を残しているのです。

 09 ジュニアC 1600m 3着  →次走 クロッカス 1400m 1着
 09 マイルCS 1600m 12着 →次走 阪神C   1400m 2着
 09 阪神C   1400m 2着  →次走 翌年阪急杯 1400m 3着
 10 阪神C   1400m 6着  →次走 翌年阪急杯 1400m 1着
 10 スワンS  1400m 4着  →次走 阪神C   1400m ?着

逆に「前走芝1200m→今回距離延長で芝1400m出走」の時は
[0.0.0.3]ですので、この成績差には意味がありそうです。
気性的な問題から、前走で芝1200mを使った後の芝1400m戦では
序盤から前がかりになってしまって効果的に脚が溜まらず
成績も出ていないのではないでしょうか。しかし今回は
「前走芝1400m→今回も芝1400m」。好走できるパターンです。

阪神芝1400mは全て重賞に出走して[1.1.1.1]。
唯一凡走した昨年の当レースは「緩ペース」が原因、とも
判断可能でしょう。パワー型の配合馬ですから京都芝[0.0.0.2]に
対して阪神芝[1.2.1.2]という成績差も大いに納得。
軽い皮膚病が出たとの報道(当欄は競走能力には影響無しと判断)や
前走の大きな着順の影響から、今回は少し人気が落ちるハズです。
ここは再度、目をつけておきます。調教過程も問題ありません。


●阪神カップ 推奨馬●
  オセアニアボス
  サンカルロ

●阪神カップ 上位人気候補からの推奨馬●
  リアルインパクト

(準・パーフェクト該当馬)
  フラガラッハ





阪神C単勝・複勝・馬連・ワイドでいただきました!!

有難うございました。


シベリアン さま

H.Tです。

お世話になっております。
阪神カップ さすがです。
サンカルロ&フラガラッハで馬券ゲットです。

先月、ザ・シークレットホースで稼がせてもらいましたので
今月から笑う穴馬の半年会員になりました。

明日も期待しております。
ただ、あまりにも当たりすぎるので、自分で予想するのをしなくなるのが
怖いです。(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。





PART3  穴馬結論編 -----------------------------


引き続き「東京スポーツ杯2歳S」の穴馬探しをしてみます。

さて、PART2まででご紹介した
「当レースで買いたい馬の条件」は…

 ★1 芝の1600m・1800m・2000mのいずれかで、
    「逃げ」以外の策で勝った経験がある馬
 ★2 出走馬中での早い上がり脚を駆使して好走している馬
 ★3 サンデーの血を内包している馬
    母父サンデーでも可
 ★4 スタミナも瞬発力も十分に備えた、
    クラシックで通用しそうな「王道血統」の印象の馬


今年の出走馬のうち、上記条件の★1・2・3に該当する馬は、
マデイラ・ディープブリランテ・エネアド・
フジマサエンペラー・ジャスタウェイ・クラレント・
マイネルディーン・アドマイヤリリーフ。

この8頭のうち、さらに★4「血統スケールを感じさせる馬」にも
にも該当する馬という観点から、ディープブリランテ・
クラレント・マイネルディーンを推奨馬としたいと思います。

ディープブリランテは、ディープインパクト産駒で、
今年の3歳牝馬クラシック路線をにぎわしたハブルバブルの
全弟です。ハブルバブルは馬体の維持に苦労し続けた結果、
桜花賞6着・オークス9着と好走できませんでしたが、
牡馬に出たこのディープブリランテは、デビュー戦から
姉に似ず、父にも似ず、490キロを誇る好馬体。
血統的にも見た目的にも「スケール」を感じさせます。

前走の新馬戦は、その「スケール」を実証した内容。
直線手前でサッと手綱を緩めただけで「ギュイーン」と
音が聞こえてきそうな矢のような伸びを披露しました。
完全にクラシック級の脚、そのものです。追い切りも
古馬準オープンのミカエルビスティーを一蹴しました。
今のところは「全てが一枚上のスケールを感じさせます。

なお、新馬勝ち後のいきなりの重賞挑戦での東京遠征ですが
何といっても「ムダな東京遠征」が少ないのが矢作厩舎。
関西の厩舎ながら『近3年の東京競馬調教師リーディング』で
33勝(!!)を挙げて、堂々の第4位に入っている厩舎です。
(ちなみに1位は藤沢厩舎、2位国枝厩舎、3位掘厩舎。
 トップ10は、矢作厩舎以外すべて地元美浦の厩舎です)
しかも「新馬・未勝利勝ち直後の馬」がよく走るのも
東スポ杯の特徴の一つです。

クラレントは父ダンスインザダーク×母父ダンシングブレ−ヴ。
今週のマイルCSで上位人気に推されているリディルの
半弟ですが、父がダンスインザダークに替った事で
距離適性が長くなり、スケールもややアップした印象です。

今夏のエプソムCや毎日王冠で、ダンスインザダーク産駒の
ダークシャドウが好走しているように、この産駒は
当条件も大丈夫ですし、この馬のレースぶり自体も
エンジンが点火するのが遅めですから、前走から距離が
伸びる事も東京コースに替る事もプラス材料となります。
キャリアを活かして「ディープブリランテ逆転」も十分。
当欄的にはこの2頭が「2強」、雨馬場もこなせそうです。

低人気ですが押さえておきたいのがマイネルディーンです
父がダンスインザダーク 、母父が説明不要の東京巧者で
かつスタミナ十分のトニ−ビン。さらに母母は
「厳しいレースに強いディクタス×ノーザンテ−スト」という、
なかなかの王道クラシックタイプと言える血統構成で、
しかも、もし馬場が渋っても走れそうな組成です。

さらに姉トゥザスターダムも、兄ムービーハウスも
左回りの芝で安定して走った馬でしたが、この馬も
新潟で2着・4着の後、中山で大敗、そして10月の東京で
勝ち上がりました。その東京戦当日は内が伸びない馬場。
そんな中、内目を差して上がってきたのですから、
この勝利は時計以上の価値があります。

この「左回りの3走」で、いずれも最速または準最速の
上がり脚を使っていますし、東京1800mで今の馬場状態、
前が少し流れそうな今回のメンバー構成ならば、
さらにその脚が活きてきそう。いかにも2・3着の穴で
狙いどころの馬…という印象ですが、どうでしょうか。

前走後はビッグレッドファーム鉾田に短期放牧に出され、
現地の坂路でみっちりと乗り込まれてから11月8日に帰厩。
今回、競馬新聞に載る「この馬の、中間の調教情報」は、
この11月8日帰厩後からの分だけが載りますので
「本数が少ないのでは?」とお思いの方もおられるでしょうが、
決してそうではなく、調整は至極順調ですのでのでご心配なく。



●東京スポーツ杯2歳S 推奨穴馬●
  マイネルディーン

●武蔵野S 上位人気候補からの推奨馬●
  ディープブリランテ
  クラレント





今日も高配当ありがとうございましたm(_ _)m
もう少し買えば良かったです(;_;)


シベリアン様、お世話になっています

今日は新潟をパスして東京の2Rを買いましたが
スゴイ!というしかありません(゜O゜) オォー!

先週から会員になり、今週からは金額を上げて買おうと思ったのですが、
馬場があんな感じなので無理せず少額での馬券購入となり、
いざ、レースを見たあとの感想は・・・

額を増やせばと・・・(><)

馬券検討のテキストを読んでいると、
ついつい、のめり込んで何度も読み返してしまうくらい
説得力のある言葉で自信をもって買うことができます!

以前は、別のところで有料会員になり騙されたこともありますし、
昔は詐欺まがいのことに遭ったことも・・・
まだ、間もない会員ではありますがこれからも
よろしくお願いします。

久しぶりに大きく勝てたのでPATのコピーを送ります。


お世話になります。

今日の東京スポーツ2歳Sは単勝139倍の推奨馬マイネルディーンの激走で
ワイドと三連複頂きました。

それにしてもシベリアンさんの2歳重賞戦の強さには脱帽です。
先週からお世話になっていますが2週続けてお見事です。
今後とも宜しくお願いします。


シベリアンさんへ

次の内容どおり的中いたしました。
実は天皇賞もそうなんですが、今回も三連単をとり逃しています^^;
天皇賞も以前の障害レースでも三連単や馬連勝負で三連複は買っていませんでした。

今回はこれだけの破壊力なんで三連複的中に喜ばないとだめなんでしょうが、なんと も悔しい・・・

気持ちを切り替えてまた明日からもお願いいたします。ありがとうございました。^^v


シベリアン様

会員のY.Kです。

土曜日分でご提供頂きましたレースの内、東京10、11Rの2レースが大的中でし た。

入会2週目の土曜にして、もうぐうの音も出ません!

東スポ賞の特大配当はそれは大変嬉しいです。
直線2着が見えた!も僅か届かず… もうちょいでしたね。

それより私は錦秋Sでのシベリアン様の読み…騎手の腕を見通してのフォーティファイド、
ベリー騎手の直線の追いっぷりには見入ってしまいました。

武士沢騎手に乗り替わったデンコウヤマトにはやられましたが…
太一Jだったらな〜とは言いますまい(笑)

シベリアン様の分析を踏まえてレースを観戦すると、考えながら観ている自分がいま す。
この2週で、かつての自分が、いかに漫然と馬券買うだけだったか思い知らされまし た。

これからもよろしくご教示くださいませ。
ありがとうございました。


シベリアン 様

いつもお世話になっております。会員のK.Kです。
本日の提供レース(東京10、11R・新潟11R)全て的中、ありがとう御座いま した。

特に東京11R「東京スポーツ杯2歳ステークスGV」は以下のとおりでした。
2歳重賞は本当に的中しますね。ジンクスみたいです。
今まで、2歳戦は手を出しませんでしたが、考えが変わりました。


シベリアン様

お陰さまで、東京スポーツ杯2歳S的中出来ました。
先週の京王杯2歳Sでも、三連複23330円当たりました。
2週連チャンで万馬券的中です。ありがとうございます。

特に今日の10万馬券をゲット出来たのは、超嬉しいです。
10万馬券なんて2年ぶりです。

今年の出走馬のうち、上記条件の★1・2・3に該当する馬は、
マデイラ・ディープブリランテ・エネアド・
フジマサエンペラー・ジャスタウェイ・クラレント・
マイネルディーン・アドマイヤリリーフ

上の馬を全部買って的中ですからね、毎週、毎週当ててるなんて
凄すぎ!恐れ入りました。


シベリアン様

会員のKと申します。
おかげさまで本日の東スポ杯をワイドで的中する事ができました。
ただ、さすがにこのメンバーでマイネルディーンはないだろうと、
わずか100円しか購入しなかった事が本当に悔やまれます。

毎週木金土のメールが面白くて、本当に楽しみにしています。
もっと早くこのサービスに出会っていればと思う毎日です。

これからも良いサービスを期待しています。

お礼方々取り急ぎご連絡まで。


シベリアンさま

ありがとうございます。
今週から新サービス参加させてもらってます。いきなりの高配当驚きです。
東スポ杯 ワイド(10-13)&複勝(10番)500円づつ購入、いただきました。

次週からもう少し投入できそうです。

これからもよろしくお願いいたします。





PART4  穴馬結論編 -----------------------------


さて、PART2まででご紹介した
「日本馬で、当レースで狙いたい馬のプロフィール」を
改めて再掲しておきます。

 ★1  今年の安田記念で好走できなかった馬
    または出走しなかった馬
 ★2  父系か母系がノーザンダンサー系の馬
 ★3  芝1800・2000mでの良績がある馬

(なお上記手法では、昨年優勝馬のエーシンフォワードが
 「★3」を満たさないため、取り上げる事が
 できなくなりますが、近5年の好走日本馬のうち
 ファイングレインとエーシンフォワード以外の
 全ての馬が「★3」を満たしていました。
 よって「★3」は本来は重要な項目であり、
 この2頭に関しては「フロックでの好走」だった、との  扱いとさせて頂きますのでご了承下さい)


今年の出走馬(外国馬のぞく)のうち、
上記項目に全て該当する馬は今年は少なめで、
エイシンアポロン、シルポート、ブリッツェン、
リディル、レインボーペガサスの5頭しかいません。

この中で、当欄が最も注目したいのは
エイシンアポロンです。

ご存知のとおり馬場が少しでも渋れば「信頼度」が増す馬。
前走で不良馬場の富士Sを快勝、良馬場以外の渋った馬場で
[3.2.0.2]とめっぽう走っていますが、今の京都の芝は
かなり荒れ気味で、少量の降雨でも(発表が良馬場でも)
タフな馬場状況に変貌しそうですから、この週末の
天気の状況を考えれば期待が高まります。もし馬場が
乾いたとしても、昨年のエリザベス女王杯の直前のように
「欧州馬に気を使って、乾いた馬場にJRAが水を蒔く」悪事が
再び起これば、この馬は漁夫の利を得る形となります。

父方がストームバード系で、母父が、PART3で取り上げた
外国馬イモータルヴァ−スと同じSadler's Wellsという、
ノ−ザンダンサー系同士の配合馬。この馬も
ノ−ザンダンサーの4×3×4というクロスを持つ
「ザ・ノ−ザンダンサー」的な配合馬です。
「心配はキレの無さだけ」といった印象の配合ですが、
それでも芝マイルで4戦3連対。長期休養明けでも
いきなり走れてしまうように気性的な重さがなく、
軽いキレ勝負の芝のマイル戦でも対応できています。
ただ血統の字面的には「道悪巧者」です。

もし、当日の馬場がさほど渋らなかった場合でも、
期待したい点があります。おそらく鞍上の気持ち的に
「馬場がこんなに乾けば、溜めて末脚勝負では他馬に
叶わない」といった気持ちが強くなるでしょうから、
より前々に行ってくれるはず。となれば、先行馬の
少ない今回の顔ぶれ的に、展開利を享受できる可能性が
高まるのではないでしょうか。逃走シルポートを
行くだけ行かせて、自身は先頭から離れた2番手集団の
一角。直線入り口で早めにロングスパートに入り、
キレ味勝負の後続の脚を完封する…。
取るべき作戦がよりハッキリするかもしれません。

今回の騎乗が決定していた田辺騎手が騎乗停止になり、
鞍上をどうするのかと思っていましたが、5回騎乗して
[1.3.0.1]の元主戦・池添騎手が戻ってきました。
前々で運んでおいて他馬と競り合わせ、この馬の渋太さを
引き出す騎乗をしていた騎手ですが、今回は前述のように、
そのようなレース運びを施せばチャンスが広がりそうな
メンバー構成ですから、この乗替りも悪くありません。
何よりも馬場状況や対戦相手、展開次第で戦術を変えられる
「自在性」がこの馬の大きなセールスポイントです。

もちろん能力的にも、パンとすれば「一戦級」。
毎日王冠では11ヶ月の休み明けながら
天皇賞2着馬ダークシャドウと0秒1差、
今回人気のリアルインパクトとも0秒1差。
富士Sでは、安田記念2着馬・昨年のマイルCS3着馬を完封。
さらに遡れば、朝日杯でローズキングダムの0秒2差2着、
弥生賞で「世界の」ヴィクトワールピサの0秒2差1着…。
イメージ以上に強豪と互角に戦っている馬で、
今回のメンバーに入れば実は断然上位だろう、の
見立てでも全くおかしくありません。今回の調教も1週前、
当週ともにいい反応で気配は上々です。狙い撃ちします。

この馬と、PART3でご紹介した外国馬の計3頭が
今回の「推奨馬」。一応の◎本命印は当レースへの
高い適性と上昇度に魅力を感じるイモータルヴァ−スに
付けますが、評価内容的には「3頭横一線」トリプル本命です。

この後にご紹介するのは、印の上では4番手以下の扱いですが さすがに「消し」は危険なので押さえたい馬、となります。

まずはリディル。上記条件を全て満たしている馬です。
先日のデイリー杯2歳Sで、弟のクラレントが優勝。
今回と同じ「京都芝1600m」でのレースでしたから、
『今開催の京都芝1600mの馬場状況が、この血筋に
向いた状態になっている』という解釈も可能でしょう。
それにしても、母のエリモピクシ−から産まれた
初仔がリディルで、2番仔がクラレント。
「名繁殖馬エリモピクシ−」と呼ばれる日も近そうです。

さすがに今回は一気に相手強化した分の不安があるので
4番手評価にとどめましたが、弟の走りを見ても、
もちろんこの馬自身の走りを見ていても、とにかく
京都コースが向いているのがよく分かります。
下り坂で加速モードに入って、平坦かつ長めの直線で
一気にトップギア全開となる馬。坂こそ無いものの
同じような直線の新潟でも同様に好走できています。
また、距離云々よりも「競馬場を一周しないレース」が
この馬には向くようで、競馬場を一周する小倉1800m、
阪神2000mではともに着外に敗れてしまいましたが、
「一周しないレース」では[5.2.0.1]と崩れません。

レインボーベガサスもマークしておきたい1頭。
京都の芝では全く崩れない馬ながら、今回は
やや過小評価気味で妙味十分、道悪にも対応できます。
さらに、大逃げがハマる可能性も無くは無いシルポートも
押えます。京都1600m・1800mに限れば2戦2勝ですし、
道悪になれば血統的にも間違いなく能力アップです。
最後の押え7番手は、3歳馬でデータでは測れない
能力を秘める可能性があるリアルインパクトとします。

今回は、当日朝からの馬場状態次第で、
臨機応援にご活用いただければと思います。


●マイルCS 推奨馬●
  イモータルヴァ−ス
  エイシンアポロン

●マイルCS 上位人気候補からの推奨馬●
  サプレザ

マイルCS 傾向に該当する、押さえておきたい馬)
  リディル
  レインボーベガサス
  シルポート

(マイルCS 他に押さえておきたい馬)
  リアルインパクト


●マイルCS 予想印●
  ◎ イモータルヴァ−ス
  ○ エイシンアポロン
  ▲ サプレザ

  ★ リディル
  △ レインボーベガサス
  △ シルポート
  注 リアルインパクト


●マイルCS 推奨馬券●
  ・上位3頭は横一線。まず3頭BOXが本線
  ・単勝は3頭の中から妙味のある馬を
  ・3連馬券を買うとすれば
   ◎○▲★のうち2頭が3着以内に入る事を
   想定した組み立てで
  ・レース時の馬場状況、雨量次第で臨機応変に判断を





シベリアン様お世話になっております。

今日も高精度の予想ありがとうございます。
実は3連単も取ってるのですが、掲載は勘弁してください。

数々の予想配信を経験してきましたが、
ここまでの高精度な予想は初めてお目にかかります。
一言言わせて頂きたいのは、安過ぎはしませんか?

私は、10月の最終週からの参加ですが、
配信してからの回収率はどの位になっているでしょう・・・・・・。

ガセネタと言われる程の数字を叩き出しているのではないでしょうか!?

今週は、的中馬券を送らせて頂きます。
私の予想とシベリアン様の予想のコラボ・・・・・と言ってもシベリアン様の予想が
無ければ、まったく駄目な予想ですが
このような馬券を毎週取らせて頂いています。

早く自分でも、このような予想ができるようになりたいと思います。

あ〜それと、穴の予想について最終決断だけでも読むのが良いと思っています。
自信うかがえる勝負鞍や勝負馬が、見えてくると思っています。

それでは、今後とも宜しくお願い致します。


シベリアンさんの見解通りに◎○▲★4頭軸で手広く三連複を買いました。
人気薄のフィフスペトルが2着に入りフォーメーションがズバリ決まりました。

2日続けての高配当で懐も随分暖かくなりました。
感謝…感謝です。


シベリアン 様

お世話になっております。K.Kです。
翌日のマイルチャンピオンシップG1も的中しました。ありがとうございました。

早速ですが、マイルCSの的中馬券を送付します。


シベリアンさん、こんばんわ

3連複のフォーメーションで軸はサプレザ、2列目にイモータルヴァース・
ミッキードリーム・フィフスぺトルを入れ、3列目に2列目の馬+エイシンアポロン・
リアルインパクト・リディルという組み合わせでの12点の購入で取ることができました!

リアルタイムでは見れなかったので、帰宅してからJRAのサイトで結果を見る前に
動画を見たんですが・・・
最後ダノンヨーヨーをサプレザがギリギリかわしてくれたのでホッとしました(笑)
ドキドキものでしたよー!

土曜日はシベリアンさんの予想で高額ワイド、日曜日は自力でかな〜り久々の万馬券 ゲット・・・
今日は気分が非常に良いです(笑)

なんかダラダラと自慢話?(久々なんで嬉しかったもので)を書いてしまいましたが、
今週より土曜日曜共によろしくお願いいたします。


エイシンアポロンの単勝獲りました!
美味しすぎです。





PART3・穴馬結論編 -----------------------------


引き続き「鳴尾記念」の穴馬探しをしてみます。

好メンバーが揃った今年の鳴尾記念ですが、
PART2まででご紹介してきた
「鳴尾記念で好走する馬のポイント」は
以下の通りでした。

 ★今年の秋の重賞レースで良績を挙げていない、
  または秋の重賞自体に出走していない馬

 ★サンデー内包馬
 (4番人気以下が想定される馬ならば、特に大切)

 ★最後の直線で「キレる末脚」を使える馬
  逃げ馬・番手先行タイプでない馬


今年の出走馬のうち、上記に全て該当する馬は
スマートギア・ショウナンマイティ・ヒットジャポット・
ミッキーパンプキン・
レッドデイヴィスの5頭。

まず、何といってもレッドデイヴィスを推奨します。

骨折で5月の京都新聞杯以来の実戦となりますが、
春には「今3歳世代の最強馬か」とも言われた馬。
シンザン記念でオルフェーヴルを破った白星が光ります。
今回の舞台・阪神芝1800mも毎日杯で快勝済み。
ここで下した相手にはトーセンレーヴも含まれています。
前走のレース中に骨折していたとのことですから、
その「10着」は度外視。4走前も降着での10着ですから
千両賞以外はほとんど「無傷」といっていい馬です。

今回、この馬を推奨したい最大の理由は
「休み明けのレースのため、この馬の
実力のワリに人気が沸騰しない」からです。
どうやら1番人気かどうかも怪しい模様。

もちろん、休明けの馬を狙うリスクは百も承知。
当欄でも散々「パドックでの気配チェックを」と
付記した休明けの推奨馬たちがいましたが、
今回のこのレッドデイヴィスの場合、
本来なら「抜けた1番人気」に推されたとしても
さほど不思議ではない今回のメンバー構成です。
今回は「本来の実力」と「本来の適性オッズ」が
乖離していると判断しての推奨です。
とにかく鉄砲に強いアグネスタキオン産駒ですし、
母母ディクシースプラッシュは、3歳秋に輝いた
あの菊花賞馬デルタブルースの母。つまり
レッドデイヴィスにも、3歳の今の時期にこそ
走れる血が母系に流れているとも解釈可能です。

問題は「仕上がり具合」のみでしょう。
減っていた馬体を戻しながらの調整だった、という点が
今回「不安な点」として報道されているようですが、
9月14日に放牧先から帰厩した際に馬体が
減っていた事から、間髪入れずに9月20日に
ノーザンファームしがらきへ再放牧されたのは事実。

しかし、11月8日に帰厩した際には
馬体はフックラと戻っていたようですし、
その後は坂路で快時計をマークしたり、
デム−ロ騎手が調教にのって感触を確かめたりと、
復調急の様子に見えます。1週前は坂路で51秒台を
叩き出しオウケンブルースリに先着。最終調教も
トゥリオンファーレと併せて52秒台。
「調教の動き」だけならば、仕上っています。

セン馬ですから少々の馬体の増減は仕方の無いところ。
「入念な再放牧」は厩舎の高い期待の証でも
あるでしょうし、むしろそれが不安材料と報じられて
人気を落とす要因になるのなら、当欄は逆に、
むしろ積極的に買いたいと思います。
もちろん、当日にパドックを見られる方は、
事前に馬体をチェックして頂くと万全でしょう。

ヒットジャポット・ショウナンマイティにも注目します。

ヒットジャポットは、人気の3歳馬に隠れる形となって
今回は最も「人気の盲点」になっている印象です。
しかし4走前は出遅れのハンデがありながらリディルの3着。
ここ3走は実に安定しており、とにかく今年に入ってからの
充実が目立ちます。1800m[1.1.1.1]阪神芝[2.0.0.0]と
今回は崩れない条件ですし、今回はまさに盲点的存在。
強く動かしたいタイプの馬ですので、川田騎手も
ピッタリ合いそうなイメージが有ります。

ショウナンマイティは調教駆けする馬とはいえ
今回も最終追いの動きは抜群。体調の良さ・
基礎能力の高さは疑う余地がありません。
この馬の場合はとにかく展開のみ。
今回も速く流れる事はないでしょうが、
鞍上がそれを逆手に取って機転を利かし、
後方ではなく中団で脚を溜められれば…
しかも[2.0.0.0]と得意の芝1800mならば
今度こそ末脚爆発、の期待を賭けてみたくなります。
また、毎年当たり前のように出場していた
「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」に
(大ケガがあった昨年に続いて)出場できない
屈辱の日を迎えた鞍上の意地にも、少し期待します。


●鳴尾記念 推奨馬●
  レッドデイヴィス
  ヒットジャポット
  ショウナンマイティ





シベリアンさん、こんにちわ。

鳴尾記念、ショウナンマイティがすごい足を使って追い込んできましたね!
レッドデイヴィスとの馬連とワイド、取りました!
惜しかったのはヒットジャポット。最後の最後で力尽きた感じでしたね。
それでも5着・・・残ってくれたら美味しかったのに(笑)
3連のほうは、あえてサダムパテックを切っちゃったので無念でした。

明日もがんばります^^


お疲れ様です。
シベリアンさん神様ですか?(笑)
凄すぎます(^O^)
明日も楽しみにしてます(^O^)


シベリアン 様

こんばんは。
今日は予想メルマガを送っていただき
ありがとうございました!

今日も鳴尾記念では馬連、ワイド、
3連複と的中させていただきました。

またリーチ馬の両頭でも3連複で
的中しプラス収支となりました!

また、わがままを申しまして
すいませんでした。

また来週も楽しみにしております。


シベリアンさん、こんばんわ。

いつもありがとうございます^^
昨日は、仕事だったため出掛け前に両重賞の馬券を買い 帰ってきてからグリーンチャンネルのレースリプレイを見てい
ましたが
中山は外れてしまい、鳴尾記念を期待していました。

そんな折、PCのメールをチェックしながら発走までの時間を潰しているところ
シベリアンさんのメルマガが届いて開いてみたら結果がぁ・・
「まだ、見てないのに当たってる!(゜O゜) オォー!」
嬉しいような「見てからがよかった・・」みたいな複雑な気持ちでいましたが
とにかくお礼の言葉しか出ません!

そして、今日も勢いに乗って楽しみにしていました(^_-)-☆
JCダートだけにしようかと思ったのですが、一日2レースって決めているので
中山10R市川Sを買い、見事でしたね!
馬連にすれば・・・って思いもあったのですが欲を出すのはダメですよね。

シベリアンさんの情報を元に、やっと自分の買い方が決まってきました。
推奨穴馬の複勝と推奨人気馬を絡めたワイドボックスでやっていますが
順調に資金も増えて、今後増額をして勝負してみたい気もするのですが
気持ちを抑えて現状のまま勝負していきたいと思います。

12月に入り、何かと忙しい時期ではありますが
健康第一にして精度の高い予想を楽しみにしています。


シベリアンさん…お見事でしたね。
ショウナンマイティ飛んできましたね!

三連単頂きました!





 推奨馬
 キングレオポルド、
ダイワナイト、ロードバロック

 エーシンヒットマンが連闘で東上…当日の気配次第な面が大きく、
 さすがに不安も募るので軸はキングレオポルドから。
 ヒモ穴で面白いのが、
ダイワナイトとロードバロックダイワは
 ベストの中山芝千二では実に渋太く走る馬で成績も[1.2.1.2]、
 今回は「ハナ」もありそうで粘込みに期待します。
 ロードは5走前(12番人気5着)に当欄で穴推奨。右回り芝千二
 では走りがハッキリ違う馬です。やや渋った馬場もプラスですし、
 田辺騎手が騎乗すると[1.0.2.2]とやたら走ります。





重賞前にプラス確定です(^O^)
ありがとうございましたm(_ _)m


中山10レース市川Sで三連複頂きましたので今週も何とか乗りきれました!





PART3 穴馬結論編-----------------------------


引き続き「ファンタジーS」の穴馬探しをしてみます。

PART2まででご紹介した
「ファンタジーSで買いたい馬」の条件を
改めて再掲します。

 ●芝1200m戦で勝ちクラがある馬
  (小倉や函館など『夏のローカル』で
   挙げた勝ちクラならば、なお良し)
 ●パワーとスタミナを押し出すタイプや
  ダート的な血統の馬
 ●父が「サクラバクシンオーではない」馬

今年の出走馬17頭の中で、上記条件に全て該当する馬は
ファインチョイス、アイムユアーズ
ブロッケン、ミスマルシゲ、ニコールバローズ、
ゴールデンムーン、ビウイッチアスの7頭。

まず狙って面白いのは、アイムユアーズでしょうか。
父は「非根幹距離」のレースにも強いファルブラヴ。
母セシルブルースはミスプロ系エルコンドルパサー×
母母ダイナカールという血筋で、パワー・スタミナを
豊富に備えた血統組成。それでいながら1200m戦で
好走できたことは基礎能力・適応力の高さを示しています。

前走の函館2歳Sではファインチョイスに及びませんでしたが、
その前走は痛恨の出遅れ。その後は外々を回して脚を
使いながら追い上げる「浪費の多い」レース運び。
それでも最後までその「末脚」は止まる事なく
ゴールまで伸び続け、ファインチョイスを上回る
上がりタイムで見事に2着まで差し込んできました。
基礎体力とレースセンスが両方高くないと、
とてもではないですが2歳馬には出来ない芸当。
このあたりも血統のなせるワザなのかもしれません。

前走は完全に「出遅れた分の負け」であること、
ファインチョイスは洋芝が向く血統イメージの馬であること、
今週からBコースに変わって先週までの内々の
「伸びる部分」が消滅、今回は差し馬アイム向きの
京都外回りでのレースになることなどを考慮すると
「今回のレースにおけるファインチョイスとの差」は
前走の0秒2差ほどは無い、と言えるのではないでしょうか。

問題は「休明けで、初めて関西へ遠征する関東馬」だけに
当日の気配を見ないと馬の状態が測れない点ですが、
2週前に調教でアルフレードと併せ馬でいい動きを披露。
ちなみにそのアルフレードは、先週のきんもくせい特別の
勝ち馬ですから結果的に「中身の濃い調教」になりました。
直前も軽めながら好時計。輸送前時点の状態は良さそうです。
人気もソコソコに落ち着きそうですし、当日の様子さえ
きちんとしていれば、絶好の狙い目。
「初輸送」さえ何とかこなしてくれれば…と願うばかりです。
もちろん、パドックが観れる方はぜひチェックして下さい。

前走は「内回り」の1400mで届かなかったゴールデンムーンは、
脚質的に「外回り」変わりで期待の持てそうな1頭。
血統的にも、パワータイプのアドマイヤムーン×馬力型の
アサティスという配合で、母が芝ダート兼用馬トップサンキスト、
兄もダート馬のトップオブワールドという血筋ですから、
ゴールデンムーン自身もかなりの「馬力型」のハズです。
マイルなどで鋭いキレを競うようなレースよりも、
非根幹距離で馬力とスタミナ・息の長い末脚を比べるような
今回のファンタジーSのようなレース条件は合うでしょう。
この枠でこの鞍上ですから、あとは割り切って直線勝負です。

もう1頭は、芝1200m戦での勝ちクラは無い馬ですので
上記「パーフェクト該当馬」には当てはまりませんが、
タガノルミナーレを取り上げておきます。
前走が京都1400mの内回り新馬戦にしては、
まずまず淀みなく流れた(=1200mの流れに近い)こと、
パワー型タニノギムレットの産駒で、前走の走りからも
まだ奥のある差し脚を備えていそうなこと、その前走が
相当の余裕ある体での快勝で上積みが大きそうな事、
さらに今回の調教が非常によく動いている事などから、
あえて推奨してみたいと思います。

なお今回も人気で、かつパーフェクト該当馬の
ファインチョイスですが、すでにG1参戦への賞金も
獲得した馬。ここに目イチで臨む事は当然考えられません。
地力の高さで他馬を一蹴してしまうかもしれませんが、
「次」を見据えて余裕残しで出てくるケースも
考えられますし、やはりこの馬も当日の気配を診てから
判断した方が無難と思われます。


●ファンタジーS 推奨穴馬●
  アイムユアーズ
  タガノルミナーレ

●ファンタジーS 上位人気候補からの推奨馬●
  ゴールデンムーン





シベリアンさん

アイムユアーズの推奨ありがとうございます!
単勝と馬連万馬券獲りました!

大外から差してきたときには、興奮して叫んじゃいました^^





PART4・穴馬結論編  ----------------------



引き続き「天皇賞・秋」の穴馬探しをしてみます。

PART2まででご紹介した「買いたい馬のポイント」を
改めて再掲しておきます。

 ☆血統的には「王道」的な血統
 ☆好位か中位から「ひと差し」できる馬
 ☆ローテーションは特に気にしない
  最近は毎日王冠組が復建傾向だが、
  今年は「夏稼動組」でもOK
 (できれば、内々からも差せそうな馬)


今年の出走馬で上記に該当する馬のうち、
ペルーサ・トーセンジョーダン・ダークシャドウ
注目したいと思います。


デビュー4連勝のあとは7戦未勝利と
近走なかなか弾けないペルーサですが、
それでも昨年の当レース2着馬。スタートダッシュが
つかず後方からのレースを余儀無くされましたが、
直線で鋭く追い込み連対を確保。歴戦の古馬相手に
なかなか3歳馬ができる芸当ではありません。

東京の芝に限れば[3.1.0.3]で、着外に終わった3走は
日本ダービーの0秒5差6着、毎日王冠の0秒5差5着、そして
ジャパンCの0秒1差5着。いずれも大きくは崩れていませんが、
「展開のアヤ」で敗れた毎日王冠以外のレースは2400m戦。
今春の日経賞では脚を溜めて好走できたものの、
やはりこの馬に2400mは少し距離が長いと診ます。
(もちろん前走の春天も距離的に参考外)
適距離は、実際に[3.1.0.0]と崩れていない芝2000mです。

まして日本ダービーでは、スタートゲートに入る直前に
大観衆を目前にして異常発汗。発走前にスタミナを
すっかり消耗しきってしまっていたように見えました。
あの馬の「精神状態」なら0秒5差6着は「やむを得ない結果」。
そしてジャパンCも大観衆目前のスタンド前発走で5着凡走…。
気性にやや難のあるタイプですから、スタートゲートが
大観衆から離れた位置にあるほうがベターで、
その点でも東京芝2000mは申し分ありません。
向こう正面スタートの今春の天皇賞でも、ゲートは
普通に出ていました。もちろん、積み重ねてきた
ゲート練習の成果も近走で表れている印象。しかも今回は
このテの馬には有り難い「後入れ」偶数枠まで当たりました。

血統的にも、ペルーサの母父Candy Stripesは、
96年の天皇賞秋を勝ったバブルガムフェローの
母の半兄(バブルガムフェローは
秋の天皇賞に2度出走して1着・2着)。
さらにペルーサの父ゼンノロブロイは、
4歳の秋に天皇賞秋・JC・有馬記念を3連勝…。
非常に天皇賞秋にゆかりの深い組成の馬であり、
やはり天皇賞秋でこそ血が騒ぐのでは?と思えてきます。
(昨年2着)

さらに注目したいのは今回の素晴らしい調教過程。
本質的に使って良くなるタイプの馬ですが、
それを理解した上で(初戦から動けるように)
ビッシリやった、と陣営も認めるように、
放牧から帰きゅう後に10本以上の時計を
コースと坂路を交えて出され、1週前にはなんと
坂路の4ハロン併せ馬で48秒台の1番時計をマーク。
オープンのサトノコクオーを1秒近く突き放す
圧巻の内容でした。そして最終追いでも
「今週はやるつもりはなかった」と言いながら、
自然流に馬なりで走ってラスト1ハロン11秒台。
相当仕上りが進んでいると診ていいでしょう。順調です。

馬の様子や調教過程などから「初戦のここはお釣りを
残しておいて先も見据えて…」という様子はありません。
最も走れそうな距離のココにいきなり全力投球、の雰囲気。
好位からの競馬も前走で身につけています。
充実の4歳秋を迎えた当馬に注目する価値はアリと診ます。

トーセンジョーダンは「内々からも差せそうな馬」とは
言えないかもしれませんが、それ以外は条件を満たす馬。
それにしても今回は、やや過小評価されているのでは
ないでしょうか。「お買い得」になっている印象です。

大きめのストライドで走る馬ですから、宝塚記念や
有馬記念の「小回りG1」は、もともと守備範囲外。
実際に宝塚記念は不器用に後方から運んでしまって
大きく崩れました。しかし、逃げに転じた有馬記念では
不得意コースでも0秒3差の5着に健闘。

いっぽうで、とにかく東京でよく走る(3戦3連対)のは
この馬の走法に加えて、トニービン系の血ならではと
いったところでしょう。今回は待ちに待った「大の得意
コースでのG1」。本来はもっと評価されて然るべき馬です。
また、PART1でも触れましたが、近年活躍馬を
輩出する「札幌戦で叩かれた馬」でもあります。

8戦5連対と得意の2000m戦とはいえ、
決して得意ではないコース形態のハズの札幌記念を
勝ち切った事は「いま充実している」証でしょう。
その後は当レースに向け順調に本数を乗り込まれていますし、
最終調教の動きも、現在の馬のデキ(馬体)もよく映ります。

唯一の心配点はピンナ騎手が「後ろに構えすぎる」こと。
「内々からも差せそうな」タイプかどうかが微妙ですので、
やはりある程度、進路を選べる前寄りに位置してもらいたい
ところなのですが、本人は「展開が流れるなら中団くらいで
競馬ができればいいね」などとノン気な事を言っている模様。
この馬自体が、東京コースになると前半の行きっぷりが
良くなる馬ですから、ぜひ無理に押さえこまず、
自然流の走りで走らせてくれればと願います。

ダークシャドウは、この後はJC・有馬記念を
まったく視野に入れていないと聞きました。
ここが一旦の目イチ勝負。調教の様子を見ても
シャープに伸びており中2週使いの懸念もなさそうです。

今回は乗替りになりますが、過去に2度騎乗して
2着・1着、いずれも4コーナーで6番手以内に導いている
騎手だけに好位から競馬をしてくれる可能性も
あるでしょうし、万一道中が置かれ気味になっても、
最後の直線でのタフな差し合いになっても対応可能な馬。
イメージ以上に自在性があるだけに
Bコース初週で心強いタイプにも思えます。


トゥザグローリー・ミッキードリーム・
ローズキングダム・エイシンフラッシュが「押え」評価となります。

トゥザグローリーは宝塚記念大敗以来ですので
当日の気配次第ですが、2走前は完全な距離不向き、
前走は夏バテと敗因はハッキリしています。
具合さえ戻っていれば「力の元値」は説明不要。しかも
左回り2000mで高パフォーマンスを発揮しています。
取捨は当日の人気と馬の気配次第、となるでしょうか。

ミッキードリームは、前走が初の東京戦出走でしたが、
パドックで大暴れ。レースでも出遅れて終始物見。
今春に初めて中山に遠征した際も同じ状況でしたが、
初めて赴く競馬場では実力をフルに発揮できません。
今回は東京遠征2度目ですから、その「場慣れ」分、
当日に落ち着いていれば、さらなる前進も見込めます。

ローズキングダムは調教は「まずまず」程度で、
取り立てて強調する走りではなかったと思いますが、
この馬も東京コースが最も走りやすそうな印象。
馬券圏への食い込みは警戒しておきたいところです。

エイシンフラッシュは秋初戦にピークをもってくるのかどうかは
不明ですが、内枠の好枠を引きましたし、調教もラスト1ハロン11秒台と
体調も万全です。押さえる馬が若干多めですが、ノーマークにはできません。


●天皇賞・秋 推奨馬●
  ペルーサ
  トーセンジョーダン

●天皇賞・秋 上位人気候補からの推奨馬●
  ダークシャドウ

(天皇賞・秋 他に押さえておきたい馬)
  トゥザグローリー
  ミッキードリーム
  ローズキングダム
  エイシンフラッシュ

★天皇賞・秋 予想印★
  ◎ ペルーサ
  ○ ダークシャドウ
  ▲ トーセンジョーダン

  ★ ブエナビスタ
  注 トゥザグローリー
  △ ミッキードリーム
  △ ローズキングダム
  △ エイシンフラッシュ


★天皇賞・秋 推奨馬券★
  ・5倍以上つけば◎の単勝
  ・馬連は◎または○からの流し
   相手を当日の気配次第で取捨決断
  ・配当次第では▲からのワイドも





こんばんは、シベリアン様。

天皇賞 完璧な予想でした。
脱帽です。

その配信を参考にして自分なりに予想しました。
軸馬 3頭からの流し、3連複で勝負しました。

28点購入です。 万馬券 久しぶりに取らせていただきました。

悔やまれるのは、推奨馬3頭で決着したところです。
この3頭で馬券を組み立てていれば、とんでもない配当になっていたんですが。

今後の課題です。
本当に感謝です。


シベリアン 様

お世話様です。
「シークレットホース」会員のK.Yです。
天皇賞・秋は有難うございました。

先月15日より配信を受けていますが、
今までの重賞・土日の推奨穴馬は理論的に納得できる内容と結果で感心しています。

私は今のところ、リーチ馬・新マグマの法則馬は購入していませんが、
シベリアン様のように短距離レースの購入を検討しています。
(リーチ馬マニュアル後半に記載してありました)

ちなみに、短距離は1000〜1200mが該当ですか? 1400mやマイル戦等はどうですか?

以下に天皇賞の購入馬券を添付していますが、今のところ
1レース当り5000円前後で購入していますが、資金配分は
以下の場合、どのように工夫したほうがよろしいでしょうか?

今後も基本的に単複に重点を置こうと思っていますが、
毎週配信される、推奨馬は1レースあたり3頭ほどいますが、
3頭のうちどの馬を軸にするか迷う場合が多々あります。

新マグマの法則のように単勝オッズ10倍くらいのものを軸馬としたほうが
いいのか、また、10倍以内が複数の場合などの軸馬選定はどうすれば
良いか、シベリアン様の見解等があればご指導お願いします。

もちろん、皆様其々、馬券種・資金配分は異なると思いますし、
購入レース数も異なると思います。また、シベリアン様の趣旨と異なる
質問かもしれませんが、可能な範囲でご指導のほどよろしくお願いします。


本当は、日曜日なので競馬に専念したいのですが、急きょ昼から仕事でした。

で、あまり点数は買いたくなく、シベリアンさんの推奨穴馬、
トーセンジョーダン、ペルーサ、ダークシャドウの三頭と、
どうしても外しきれないヴエナビスタとのBOX、ワイドと馬連6点づつ買ってました。

仕事から帰って、シンプルパットの結果をダウンロードしてみたら、
結果は笑う、笑う、笑う!!!!(今、ほろ酔いで。。。。。)

ありがとうございました。


ありがとうどございます!

札幌記念のトーセンジョーダンは間近で見て、すごかったので
買うつもりでいたのですが、まさか勝つとは!

おかげで8万弱勝てました メールが届かない点はご迷惑かけました。

可能ならでよいのですが、勉強の為に パート2と3を読みたいのですが。。。
わがまますいません。


シベリアン様
会員のI.Sです。

11’天皇賞秋見事に的中でした。
ありがとうございます。

馬の選別についてかなり難しいなぁと、
強い馬が揃ってもいたので、ついつい頭数が増えてしまい
悩んでたので、今回は記号◎○▲のままに乗らせてもらったのですが、
まさに大当たりですね!

また、説得力のある馬選別方法等、参考であり勉強にもなる
情報提供を頂けて、更に、サポートもして頂ける。
感謝!の言葉しか思い浮かびません。

今後とも宜しくお願い致します。


シベリアン様
お世話になります。

このたびの天皇賞見事的中でしたね!
ゴール前はしびれました。

三連単までは手が出せませんでしたが、馬連、三連複ではしっかりいただきました。
少ない小遣いの中で結果が出せてうれしく思います。

これからも大いに期待しつつも買い方を考えていきたいと思います。
今後もよろしくお願いします。


こんばんは。
天皇賞ではトーセンジョーダンとダークシャドウとペルーサの複勝が当たりました!
ありがとうございます!

トーセンジョーダンの1着は驚きました…。馬連も買っておけば良かったです。
これからも期待します。


会員のM.Hです。

天皇賞ありがとうございました。
推奨馬3頭での決着お見事でした。

推奨馬3頭ワイドBOXを購入してたので儲けました。
ありがとうございました。


シベリアンさん、凄すぎます。

などなど的中のご報告が続々と届いています。




PART3 穴馬結論編 ----------------------------------------


引き続き「京王杯2歳S」の穴馬探しをしてみます。

さて、PART2まででご紹介してきた
「当レースで買いたい穴馬の条件」を再掲します。

 ★芝1200m・芝1400mで結果を残してきた馬
 ★芝1600mで好走「しなかった」馬
 ★サンデーの血を内包していない馬
 ★父系か母系がミスプロ系、
  またはノーザンダンサー系の馬

今年の1番人気はモンストールでしょう。
マイルの新潟2歳Sで鮮やかな差しきり勝ちを収めて以来の
レースとなります。新馬戦で芝1400mを好走していますし、
左回り巧者アドマイヤマックスの産駒でもあり、
しかも母方はパワータイプの血筋ですので
昨年のオルフェーブルほど心配は無用かもしれませんが、
それでも前走の「鮮やかなマイルでの勝ちっぷり」は、
やはり気になります。当欄は「押え評価」としておきます。

上記★印の4条件に全て当てはまる馬は
ネオヴァンクル・レオアクティブ・サドンストーム
今回はそのまま、この「パーフェクト該当馬」3頭を
推奨馬としたいと思います。

ネオヴァンクルの血統はサンデー非内包で
ノーザンダンサー系×ミスプロ系の配合。
「フレンチデピュティ×ティンバーカントリー」の
字面からはダート馬?という印象さえ受けます。
実際に姉のエルヴィエントは大井の1200〜1400mで
今年連勝し、B級まで出世している馬。
ネオヴァンクルは父がフレンチデピュティに替って
芝・ダートどちらでもOKのタイプなのでしょう。

芝1200m・1400mで好位追走から力強く抜け出して
好走したレースぶりからは、この馬の秘めた「パワー」を
感じます。こういったタイプはやはりキレ味勝負の
マイルよりも、パワーが活きる1400mでこそ。
その前走でもまだ気を抜いて走っていたとのことですし、
今回へ向けての調教でも、坂路で2歳馬としては
なかなかの好時計(51秒台)をマーク、
「今回への伸びシロ」の点でも期待できそうです。
浜中騎手で2戦2勝の結果を残してきた馬ですし、
「今回の条件でこそ」期待したいと思います。

レオアクティブはミスプロ系の新種牡馬で、
産駒がデビュー以来好調のアドマイヤムーンが父、
母父がノーザンダンサー系オペラハウスという、
こちらもサンデー非内包の配合馬。
金曜に降り続いた雨が、土曜の馬場に影響がもし残れば
血統的にこの馬には有利に働きそうです。

マイルの芙蓉Sで完敗したものの、1400m戦では
ダリア賞・くるみ賞の2度とも2着に好走。
当レースで狙いたい馬のプロフィールとしては
この馬も実績・血統とも「完璧」に揃っています。
その前走のくるみ賞は、レコード決着のレースで
決してレベルは低くないですし、しかも自らは
出遅れて後手を踏んでしまった一戦。1400mならば
相手強化にも対応できるレベルにある馬と診ます。
中位からのキレを活かせるタイプですから
東京はもちろんベストコースです。

サドンストームの配合も、サンデー非内包の
「父ミスプロ系×母父ノーザンダンサー系」。
しかも母父の小系統はダンチヒ系ですので、
08年の当レースを14番人気で制したゲットフルマークスと
まったくの「同型配合」ということになります。

それだけで思わず期待したくなってしまいますが、
ここまでのレースぶりは何とも荒っぽい内容。
前走のオープン戦は出遅れて後方から。
前々走も行き脚がつかずに後方から運んだものの
マクって差しきって、同じ日の古馬戦と全く差の無い
好時計で勝利。レースぶりから「今後の上積み・
成長余地」を感じさせる、という点ではこの馬です。
道悪がもし残ったとしても、むしろこの馬には
(血統的には)プラスと思われます。


●京王杯2歳S 推奨馬●
  ネオヴァンクル
  レオアクティブ
  サドンストーム





シベリアン様

京王杯の的中画像(PAT画面です)です。

このレースまで4レース購入もイマイチで・・・
ここはシベリアン様分析を頼りに推奨馬の組にて購入しました。

お見事としか言いようのない結果です。
厚く買えなかったのが残念です。

私の見方では2着サドンストームがピックアップできませんでしたから、
配信された分析内容には感服です。

前週のファンタジーSの推奨馬アイムユアーズも見事でした。
私の入会の決め手のレースです。

今後の分析結果に大きな期待を寄せるとともに、
私自身の分析スキル向上に役立つように活用したいと思います。

ありがとうございました。


お疲れさまです。京王杯2歳Sは完璧な読みでしたね!
お陰様で三連複、そしてワイドも頂きました。
今日は私の馬券の組み立ても見事に嵌まり最高の結果になりました。

これからもシベリアンさんの推奨馬と私の狙いがかぶれば
ガツンと勝負する予定です。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。


こんにちは。
京王杯2歳Sではレオアクティブとサドンストームのおかげで
単勝と複勝と馬連(万馬券)が当たりました!

かなり嬉しいです!ありがとうございます!


シベリアン様

京王杯2歳S、大的中です。
馬連3点ボックスでの的中!!ビックリしました。

本当にありがとうございます。

感謝、感謝です。ありがとうございました。


いきなり初日からの的中ありがとうございました。

マジでシベリアンさん凄いですね!
明日も期待してます!





PART4 最終結論編 ----------------------------------------



引き続き「ローズS」の穴馬探しをしてみます。
PART3まででご紹介した、
ローズSで狙いたい馬のポイントは次の通りです。

 ★1 「春のクラシックトライアル的なレース」で実績をあげて
   GI本番での成績は今一つだった馬
 ★2 夏休みをたっぷりと取ってきた馬
    できれば夏競馬に全く出走していない馬
 ★3 サンデー内包(ダート的な血やスタミナ型との配合なら更にOK)
 ★4 差せる馬


今年の出走馬のうち、上記4項目すべてに該当するのは
ホエールキャプチャ・マイネイサベル・ハッピーグラスの3頭。
この3頭をそのまま推奨馬とします。

「ホエールキャプチャは、GI本番での成績は今一つだったとは
言えないだろう」というお声を頂いてしまいそうですが、
トライアル的なレースのクイーンCでは勝ち切ったものの、
本番のGIでは、桜花賞2着・オークス3着。
陣営の側に立つと「GI本番の成績は今一つ納得できない」のは
間違いないところですし、今の段階では
この馬の実績も「トライアルホース」と言えます。
ちなみに上記4項目に当てはめると以下の通りです。

 ★1 △〜○ 今のところはG1未勝利の「トライアルホース」
 ★2 ○   オークス以来の休み明け
 ★3 ◎   ダート的なヴァイスリ−ジェント系×サンデー
 ★4 ○   差せる馬

桜花賞・オークスとも強い競馬をしたものの、共に少し運に
恵まれなかった…というのは当欄で改めて述べるまでもなく、
衆目の一致するところでしょう。仕上がり早のタイプですが、
エリンコートやマルセリーナと比較しても、
馬体面や中間の情報などでは、いかにも仕上がりが「一歩先」を
進んでいるような印象を受けます。10日に今年3度目の栗東入りを
済ませ、14日の最終調教でも余力残しながら坂路で好時計。
両G1馬以上に、この馬は外せないところでしょう。

改めて注目したいのはマイネイサベルです。

 ★1 ○ クイーンS2着、オークス6着の「トライアルホース」
 ★2 ○ オークス以来の休み明け
 ★3 ◎ スタミナ十分のトニービン系×サンデー
 ★4 ○ 差せる馬

当欄は、この馬をオークスの穴候補として推奨させて頂きました。
結果は6着。レース直前に降ってきた強い雨で(発表は良でも)
タフな馬場になり、一気に好走の可能性が下がった…と分析します。
とにかく「馬場が湿るとダメ」な馬。その前のフローラSも
「重馬場」になったため、ソロッと試走に徹しての5着でしたが、
それでもフローラSが首位と0秒2差、オークスでも0秒5差にまで
迫っているのですから、悲観する内容ではありません。
幸い今週末は、日曜まで雨の心配は無さそうです。
(万が一、降雨があった時は評価を下げて下さい)

フローラS予想の際にも記しましたが、この馬の「力」を
改めて評価すべきなのが、3走前のフラワーCの内容です。
果敢に先行、絶好の手応えで4コーナーを迎えたものの、
最後の直線で伸びあぐねて4着に敗退。しかしこのレースで
最もキツいレースをしたのがこの馬でした。
一見ラクに先行したように見えますが、実は道中が厳しい流れ。
結局最後は上位3頭を差し馬が独占する結果になりましたが、
前に付けた馬で唯一踏ん張ったのがマイネイサベルだったのです。

しかもこのフラワーC、今年は阪神1800mで行なわれました。
今回のローズSと同じレース条件です。
『阪神1800mなら、あれだけの競馬ができる』馬なのです。

中間の調教も上手くいっているようです。マイネルの馬ですから、
放牧先の真歌トレーニングパークで十分に乗り込まれてから
ギリギリの2日に厩舎へ戻されたという「いつもの段取り」ですので、
新聞の調教欄に掲載される(トレセンでの)調教の記録本数は
少なくなりますが、全く心配は要りません。トレセンに戻ってからも、
実質的な「最終追い」と言える1週前追いでラスト11秒台の
鋭い伸びを見せ、14日の最終追いでも抑え気味ながらシャープな
走りを披露。馬体重は増えているようですが、仕上がっているように
見受けます。秋華賞はさすがにコースが向きそうにないですし、
やはり「トライアルでの激走」に期待したい馬です。

ハッピーグラスも下記のように全項目に当てはまります。

 ★1 ○ 忘れな草賞2着、オークス8着の「トライアルホース」
 ★2 ○ 6月11日の阪神戦以来の休み明け
 ★3 ◎ サンデー×ダート的なアフリート
 ★4 ○ 差せる馬

忘れな草賞では、後のオークス馬エリンコートの2着。
押せ押せの中1週で使ったフローラSでは0秒1差の4着。
オークスでも0秒7差に大健闘。冷静に眺めてみると
「実績十分・力のあるトライアルホース」なのですが、
テレビの命名企画で派手に取り上げられた馬の割には、
実力ほど人気にならない馬。今回も妙味ありと診ての推奨です。

現賞金では秋華賞には出られない状況からもココは目イチ態勢。
最終追いも川田騎手自らが乗っていましたが、実は今年の
『藤原英厩舎と川田騎手のコンビ』は14クラでなんと[6.2.1.5]。
この厩舎の隠れ勝負ジョッキー(?)でもあるのです。


●ローズS 推奨穴馬●
  マイネイサベル
  ハッピーグラス

●ローズS 上位人気候補からの推奨は●
  ホエールキャプチャ








2016年1月の推奨馬56頭中27頭が複勝圏内に!

複勝率48%

単勝回収率139%

複勝回収率110%

※他にも的中例多数